『ママ?俺の御年玉、ちゃんとある?』

■会社が解散、娘の一言に救われた 「大丈夫!私のお年玉があるから」 イラストで独立した男性に聞きました

(ウィズニュース - 08月23日 07:01)

予約開始したら誰かが勝手に私の分のカイ

予約開始したら誰かが勝手に私の分のカイザギアを予約して入金も済ませてくれる誕生日がいい

神様に願いを、、

我は神なり。神はなんでも知っている。喜びや怒り、哀しみ、楽しみ全てを知るもの。ほーお前は今自分の夢に向かって走っているな。感心するぞ。寝る間も惜しんで机に向かう姿はとても立派だ。だが、無理はしていけない。自分の体調は自分にしか分からないのだからな。

我は神だ。だが、願いを全て叶えてやる事はできない。出来ることといえばお前の側で静かに見守ってやるこしかできない。

そして常に正直でいろ。俺はお前の行動や言動も常に見ているのだからな。

そしてこれが1番大切だ。人にやさしく

これさえ守ることが出来たらお前はさまざま神様に愛されることになるだろう。

神様は目には見えない。なぜなら自分自身が神なのだから。

どこにいても神様からは逃げられないんだよなー。俺も目標があるけど、たまにサボったりすると罪悪感に苛まれる、、。まぁ急がず焦らずって事かな。bye

広告を非表示にする

動画〜セヴラック「シューマンへの祈り」

フランスの作曲家、デオダ・ド・セヴラックのピアノ曲です。YouTubeのチャンネルから

https://youtu.be/9nOFtDwML90

休暇の日々第1集より「シューマンへの祈り」

8分の6拍子で付点8分音符のリズムというところがシューマン子供の情景、第1曲の「見知らぬ国々」を連想させます。

「休暇の日々」が書かれた時期のセヴラックは、結婚し子供も生まれていた頃でした。

満ち足りた幸せな日々が背景となっているのかもしれません。

智弁和歌山-大阪桐蔭

勝戦のような精密機械みたいな試合だったね。いつ破裂するか分からなかったね。

又吉直樹さん劇場読了。

又吉直樹さんの劇場読了。

読み終わってから、意思とは関係なく涙がポロリ。

芥川賞をとった火花は、書店でパラパラと見て、お笑いの内容とあり、あまり興味を持てませんでした。

今回の劇場は、本当は火花より先に書き始めていたそうです。

恋愛小説として売り出されていますが、ただの恋愛小説ではありません。

主人公が又吉さんと重なって、これは又吉さんの体験を元にしているのかな?と思うくらいでした。

心理描写がとても上手い。

(主人公の視点で描かれているので、相手の女の子の気持ちが描かれていないところが批判されている部分でもあるけど。)

火花はお笑いという自分のフィールドでの話だから、たまたまなんじゃないか?と思っていたんです。

劇場を読んで、又吉さんはとても頭の良い方なんだなぁと思いました。

相当な読書家として有名ではありましたけど、自分でも書けるというのは凄いです。

レビューを見ると、辛口な意見もあります。

でも、私はすごくいい作品だったと思います。

アンチがいるというのは、有名税みたいなものだし。

読んでどんな感想をもつかは人それぞれ。自由です。

同じ作品でも、後から読むとこんな話だったっけ?と思ったり。

自分が読んだ時期にもよりますからね。

その時の自分のコンディションだったり、環境だったり、年齢だったり。。。

ご興味のある方は、読んでみてください。