第2693回 文学をコスパで語る無粋な男

芥川賞受賞作もその受賞作家インタビューもそしてその他の特集ももちろん読めるので、芥川賞決定後の文藝春秋は買おうかどうかけっこう迷ってしまう。

おじさんおばさんどころか、もはやジジイババア甘やかし雑誌ではあると思うんだけど、1000円でこのボリュームはコスパ的には最高だと思う。